賢い使い方は?

従量課金制、定額制の電話占いに関し、それぞれの賢い使い方をアドバイスします。

まず、従量課金制ですが、時間の経過に応じて料金が加算されていく料金体系のことをいいます。
1分ごとに料金が加算されるため、少しでも余計な費用はかけたくないところです。

そのためにやっておくべきことは、事前に話したい内容をまとめておくことです。
電話をかけて占い師が出たあと、鑑定がスタートしてから相談内容を考えていると、時間をロスすることになります。
また、話したいことがまとまっていないと思うように占い師にいいたいことを伝えられない場合もあるでしょう。
時間と費用の節約、鑑定の質を高めるためにも、相談内容をまとめておくことが大切なのです。

image それから、いまは占いにハマり過ぎてしまい、依存状態に陥る人がいるといわれています。
このようなことにならず賢く使うためには、電話占いにかける予算を決めておくと良いでしょう。
10,000円なら10,000円と決めておき、それをオーバーしそうになったらもう使わないと決めておくと使い過ぎの防止になります。

次に定額制に関してですが、○分○円と決まっており、1分ごとに料金が加算されず、費用が固定になっているシステムです。
賢く使うためには、鑑定が終わるまで定額なのかチェックしてみると良いでしょう。
電話占いのサービスを行っているところによっては、20分間は定額だけれど、それ以降は従量課金制にしているような場合があります。
20分なら20分、30分なら30分と、定額制の範囲内だけでしっかり鑑定が終わるところなら、お金を使い過ぎることもなく、余計な料金が加算されることがないため、安心して利用できるでしょう。